カテゴリ
ニュース全般
オンエア情報(TV)
露出情報(雑誌)
露出情報(WEB)
メンバー、スタッフより
映画「ボーイズ・オン・ザ・ラン」
縺翫s縺医≠
過去の記事(833)
2019 年 12 月 (1)
2019 年 11 月 (2)
2019 年 10 月 (5)
2019 年 09 月 (2)
2019 年 08 月 (3)
2019 年 07 月 (5)
2019 年 06 月 (4)
2019 年 05 月 (2)
2019 年 04 月 (3)
2019 年 03 月 (3)
2019 年 01 月 (4)
2018 年 12 月 (4)
2018 年 11 月 (4)
2018 年 10 月 (3)
2018 年 09 月 (3)
2018 年 08 月 (6)
2018 年 07 月 (4)
2018 年 06 月 (3)
2018 年 05 月 (3)
2018 年 04 月 (2)
2018 年 03 月 (2)
2018 年 02 月 (8)
2018 年 01 月 (5)
2017 年 12 月 (2)
2017 年 11 月 (4)
2017 年 10 月 (5)
2017 年 09 月 (10)
2017 年 08 月 (11)
2017 年 07 月 (9)
2017 年 06 月 (5)
2017 年 05 月 (3)
2017 年 04 月 (4)
2017 年 03 月 (3)
2017 年 02 月 (4)
2017 年 01 月 (1)
2016 年 12 月 (6)
2016 年 11 月 (12)
2016 年 10 月 (3)
2016 年 09 月 (12)
2016 年 08 月 (3)
2016 年 07 月 (4)
2016 年 06 月 (8)
2016 年 05 月 (4)
2016 年 04 月 (20)
2016 年 03 月 (13)
2016 年 02 月 (7)
2016 年 01 月 (6)
2015 年 12 月 (4)
2015 年 11 月 (2)
2015 年 10 月 (3)
2015 年 09 月 (5)
2015 年 08 月 (6)
2015 年 07 月 (4)
2015 年 06 月 (2)
2015 年 05 月 (4)
2015 年 04 月 (2)
2015 年 03 月 (4)
2015 年 02 月 (3)
2015 年 01 月 (3)
2014 年 12 月 (4)
2014 年 11 月 (2)
2014 年 10 月 (1)
2014 年 09 月 (6)
2014 年 08 月 (4)
2014 年 07 月 (4)
2014 年 06 月 (8)
2014 年 05 月 (3)
2014 年 04 月 (3)
2014 年 03 月 (5)
2014 年 02 月 (12)
2014 年 01 月 (21)
2013 年 12 月 (9)
2013 年 11 月 (3)
2013 年 09 月 (1)
2013 年 08 月 (1)
2013 年 07 月 (1)
2013 年 05 月 (1)
2013 年 03 月 (1)
2013 年 01 月 (1)
2012 年 10 月 (1)
2012 年 05 月 (2)
2012 年 01 月 (1)
2011 年 11 月 (1)
2011 年 10 月 (1)
2011 年 09 月 (2)
2011 年 07 月 (1)
2011 年 06 月 (2)
2011 年 05 月 (1)
2011 年 04 月 (2)
2011 年 03 月 (1)
2011 年 02 月 (3)
2011 年 01 月 (1)
2010 年 12 月 (2)
2010 年 11 月 (2)
2010 年 10 月 (3)
2010 年 09 月 (1)
2010 年 08 月 (1)
2010 年 07 月 (1)
2010 年 06 月 (5)
2010 年 05 月 (6)
2010 年 04 月 (3)
2010 年 03 月 (2)
2010 年 02 月 (8)
2010 年 01 月 (13)
2009 年 12 月 (8)
2009 年 11 月 (10)
2009 年 10 月 (7)
2009 年 09 月 (2)
2009 年 08 月 (3)
2009 年 07 月 (1)
2009 年 06 月 (7)
2009 年 05 月 (6)
2009 年 04 月 (4)
2009 年 03 月 (7)
2009 年 02 月 (8)
2009 年 01 月 (4)
2008 年 12 月 (4)
2008 年 11 月 (6)
2008 年 10 月 (10)
2008 年 09 月 (11)
2008 年 08 月 (7)
2008 年 07 月 (4)
2008 年 06 月 (4)
2008 年 05 月 (10)
2008 年 04 月 (9)
2008 年 03 月 (8)
2008 年 02 月 (6)
2008 年 01 月 (8)
2007 年 12 月 (12)
2007 年 11 月 (16)
2007 年 10 月 (7)
2007 年 09 月 (16)
2007 年 08 月 (13)
2007 年 07 月 (9)
2007 年 06 月 (11)
2007 年 05 月 (8)
2007 年 04 月 (18)
2007 年 03 月 (13)
2007 年 02 月 (13)
2007 年 01 月 (3)
2006 年 12 月 (12)
2006 年 11 月 (7)
2006 年 10 月 (19)
2006 年 09 月 (17)
2006 年 08 月 (7)
2006 年 07 月 (11)
2006 年 06 月 (11)
2006 年 05 月 (4)
2006 年 04 月 (3)
2006 年 02 月 (2)
2006 年 01 月 (2)
2005 年 12 月 (1)
2005 年 11 月 (1)
2005 年 06 月 (1)
2005 年 04 月 (1)
2004 年 08 月 (1)
2003 年 10 月 (1)
過去ログ
リンク
ログイン
多屋澄礼 x 峯田和伸 トークイベント開催決定!
今まで語られることのなかったフィメール・ミュージシャン、18の物語。

インディペンデントに音楽に関わって人生を歩んできた女性のライフストーリーを詰め込んだ
『フィメール・コンプレックス 彼女が音楽を選んだ理由』がDU BOOKSから刊行。
本書の発売を記念して、著書の多屋澄礼と峯田和伸によるトークショーを開催します。


4/26(日)下北沢B&B
多屋澄礼 × 峯田和伸 トークイベント


詳しくは下記サイトからご覧ください!
http://bookandbeer.com/blog/event/20150426_bt/


ニュース全般
[Posted by 銀杏BOYZ スタッフ]
(2015/03/24(Tue) 21:13:48)

映画『ピース オブ ケイク』の公開日が9月5日(土)に決定しました!
[ピース オブ ケイク]
原作:ジョージ朝倉「ピース オブ ケイク」(祥伝社 フィールコミックス)
監督:田口トモロヲ 『アイデン&ティティ』『色即ぜねれいしょん』
脚本:向井康介 音楽: 大友良英
出演:多部未華子、綾野剛、 松坂桃李、木村文乃、光宗薫、菅田将暉、柄本佑、峯田和伸
配給:ショウゲート
製作:「ピース オブ ケイク」製作委員会 c2015 ジョージ朝倉/祥伝社/「ピース オブ ケイク」製作委員会


ピース オブ ケイク 公式HP
http://pieceofcake-movie.jp/
ニュース全般
[Posted by 銀杏BOYZ スタッフ]
(2015/03/12(Thu) 21:09:34)

PARCO MUSEUM 川島小鳥×峯田和伸×臼田あさ美 「明星」クロージングイベント開催決定!
写真展「明星」クロージングイベントが開催されます。
川島小鳥さんと仕事でもプライベートでも親交の深い女優の臼田あさ美さんと、峯田和伸の3人でトークショーを行います。

日時:3月14日(土)19:00開場/19:30開演(20:30終演予定)
入場料:2,000円
定員:100名

<チケット発売>
3月10日(火)19:00〜

<参加方法>
チケット販売サービスPeatixのイベントページからチケットをご購入いただきます。
イベントページは、発売時間にこちらのページ上でご案内します。

<ご注意事項>
・当日はイベント準備のため、通常の展覧会観覧は18:30閉場(18:00最終入場)とさせていただきます。
・チケットのお申込みはおひとり様につき1枚限りとさせていただきます。
・チケットお申し込み確定後のキャンセルはできませんので予めご了承ください。
・本イベントはチケット半券ご提示での再入場サービスの対象外です。チケット半券をお持ちのお客様も、別途入場料が必要となりますのでご了承ください。


PARCO MUSEUM 詳細は下記URLからご覧ください。
http://www.parco-art.com/web/information/?id=101&preview=on
ニュース全般
[Posted by 銀杏BOYZ スタッフ]
(2015/03/06(Fri) 20:57:13)

書籍「ロックンロールが降ってきた日3」に峯田和伸のインタビュー掲載
書 名:ロックンロールが降ってきた日3
編 集:秋元美乃、森内淳
発 売:4月18日
体 裁:四六判/上製/ 352頁
価 格:本体2300円+税
ISBN:978-4-907435-55-4
発 行:スペースシャワーネットワーク
カバーイラスト:浅井健一
装幀:山?将弘

【好評第三弾!】
運命の曲に出会った瞬間、何を感じ、何を想ったか。
計15人のミュージシャンの運命を変えた日とは?
音楽少年だった頃、日常の風景が180度変わった日の物語。

YouTubeやスマートフォンのなかに閉じ込められた音楽は時としてちっぽけなものに思えます。しかしこの本を読むことで、その考え方はきっと変わるでしょう。少年だった頃のミュージシャンたちが、夢中になってレコードを聴き、ジャケットを眺め、歌詞カードを読みふけっていた姿を想像しながら、音楽がもつ力や勇気や希望について考えてみてください。あなたの手元にある音楽が決してちっぽけなものではないことがわかると思います。

■掲載アーティスト(掲載順)
但野正和(最終少女ひかさ)
ワタナベシンゴ(THE BOYS&GIRLS)
のび太(WHITE ASH)
尾崎世界観(クリープハイプ)
小山田壮平
後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
山田将司(THE BACK HORN)
峯田和伸(銀杏BOYZ)
田中和将(GRAPEVINE)
中村一義
鈴木圭介(フラワーカンパニーズ)
曽我部恵一(サニーデイ・サービス)
草野マサムネ(スピッツ)
奥田民生(ユニコーン)
加山雄三(THE King ALL STARS)
露出情報(雑誌)
[Posted by 銀杏BOYZ スタッフ]
(2015/03/02(Mon) 19:44:02)

201504のログ 201502のログ

Copyright © 2008 初恋妄℃学園 All Rights Reserved.
[PHPウェブログシステム3 FLEUGELzネットマニア ]