カテゴリ
ニュース全般
オンエア情報(TV)
露出情報(雑誌)
露出情報(WEB)
メンバー、スタッフより
映画「ボーイズ・オン・ザ・ラン」
縺翫s縺医≠
過去の記事(832)
2019 年 11 月 (2)
2019 年 10 月 (5)
2019 年 09 月 (2)
2019 年 08 月 (3)
2019 年 07 月 (5)
2019 年 06 月 (4)
2019 年 05 月 (2)
2019 年 04 月 (3)
2019 年 03 月 (3)
2019 年 01 月 (4)
2018 年 12 月 (4)
2018 年 11 月 (4)
2018 年 10 月 (3)
2018 年 09 月 (3)
2018 年 08 月 (6)
2018 年 07 月 (4)
2018 年 06 月 (3)
2018 年 05 月 (3)
2018 年 04 月 (2)
2018 年 03 月 (2)
2018 年 02 月 (8)
2018 年 01 月 (5)
2017 年 12 月 (2)
2017 年 11 月 (4)
2017 年 10 月 (5)
2017 年 09 月 (10)
2017 年 08 月 (11)
2017 年 07 月 (9)
2017 年 06 月 (5)
2017 年 05 月 (3)
2017 年 04 月 (4)
2017 年 03 月 (3)
2017 年 02 月 (4)
2017 年 01 月 (1)
2016 年 12 月 (6)
2016 年 11 月 (12)
2016 年 10 月 (3)
2016 年 09 月 (12)
2016 年 08 月 (3)
2016 年 07 月 (4)
2016 年 06 月 (8)
2016 年 05 月 (4)
2016 年 04 月 (20)
2016 年 03 月 (13)
2016 年 02 月 (7)
2016 年 01 月 (6)
2015 年 12 月 (4)
2015 年 11 月 (2)
2015 年 10 月 (3)
2015 年 09 月 (5)
2015 年 08 月 (6)
2015 年 07 月 (4)
2015 年 06 月 (2)
2015 年 05 月 (4)
2015 年 04 月 (2)
2015 年 03 月 (4)
2015 年 02 月 (3)
2015 年 01 月 (3)
2014 年 12 月 (4)
2014 年 11 月 (2)
2014 年 10 月 (1)
2014 年 09 月 (6)
2014 年 08 月 (4)
2014 年 07 月 (4)
2014 年 06 月 (8)
2014 年 05 月 (3)
2014 年 04 月 (3)
2014 年 03 月 (5)
2014 年 02 月 (12)
2014 年 01 月 (21)
2013 年 12 月 (9)
2013 年 11 月 (3)
2013 年 09 月 (1)
2013 年 08 月 (1)
2013 年 07 月 (1)
2013 年 05 月 (1)
2013 年 03 月 (1)
2013 年 01 月 (1)
2012 年 10 月 (1)
2012 年 05 月 (2)
2012 年 01 月 (1)
2011 年 11 月 (1)
2011 年 10 月 (1)
2011 年 09 月 (2)
2011 年 07 月 (1)
2011 年 06 月 (2)
2011 年 05 月 (1)
2011 年 04 月 (2)
2011 年 03 月 (1)
2011 年 02 月 (3)
2011 年 01 月 (1)
2010 年 12 月 (2)
2010 年 11 月 (2)
2010 年 10 月 (3)
2010 年 09 月 (1)
2010 年 08 月 (1)
2010 年 07 月 (1)
2010 年 06 月 (5)
2010 年 05 月 (6)
2010 年 04 月 (3)
2010 年 03 月 (2)
2010 年 02 月 (8)
2010 年 01 月 (13)
2009 年 12 月 (8)
2009 年 11 月 (10)
2009 年 10 月 (7)
2009 年 09 月 (2)
2009 年 08 月 (3)
2009 年 07 月 (1)
2009 年 06 月 (7)
2009 年 05 月 (6)
2009 年 04 月 (4)
2009 年 03 月 (7)
2009 年 02 月 (8)
2009 年 01 月 (4)
2008 年 12 月 (4)
2008 年 11 月 (6)
2008 年 10 月 (10)
2008 年 09 月 (11)
2008 年 08 月 (7)
2008 年 07 月 (4)
2008 年 06 月 (4)
2008 年 05 月 (10)
2008 年 04 月 (9)
2008 年 03 月 (8)
2008 年 02 月 (6)
2008 年 01 月 (8)
2007 年 12 月 (12)
2007 年 11 月 (16)
2007 年 10 月 (7)
2007 年 09 月 (16)
2007 年 08 月 (13)
2007 年 07 月 (9)
2007 年 06 月 (11)
2007 年 05 月 (8)
2007 年 04 月 (18)
2007 年 03 月 (13)
2007 年 02 月 (13)
2007 年 01 月 (3)
2006 年 12 月 (12)
2006 年 11 月 (7)
2006 年 10 月 (19)
2006 年 09 月 (17)
2006 年 08 月 (7)
2006 年 07 月 (11)
2006 年 06 月 (11)
2006 年 05 月 (4)
2006 年 04 月 (3)
2006 年 02 月 (2)
2006 年 01 月 (2)
2005 年 12 月 (1)
2005 年 11 月 (1)
2005 年 06 月 (1)
2005 年 04 月 (1)
2004 年 08 月 (1)
2003 年 10 月 (1)
過去ログ
リンク
ログイン
WOWOW リアルxエロスで舞台「裏切りの街」のオンエアが決定!!
銀杏BOYZが音楽を担当した舞台「裏切りの街」のテレビ初オンエアが決定しました!!


[放送局] WOWOW
[番組名] リアルxエロス「裏切りの街」
[オンエア] 7/16(金) 深夜0:05

[リアルxエロス「裏切りの街」]詳細ページ


「裏切りの街」
作・演出 三浦大輔
出演 秋山菜津子 / 田中圭
安藤サクラ / 古澤裕介 / 米村亮太朗 / 江口のりこ
松尾スズキ
音楽 / 銀杏BOYZ


裏切りの街 オフィシャルサイト
http://www.parco-play.com/web/play/uragiri/
オンエア情報(TV)
[Posted by 銀杏BOYZ スタッフ]
(2010/06/29(Tue) 18:19:06)

「ROCKIN' ON JAPAN8月号」で松尾スズキさんと峯田和伸の対談が掲載されます!
舞台『裏切りの街』に楽曲提供をした銀杏BOYZ・峯田和伸と、俳優として出演した松尾スズキ。この2人のスペシャル対談が実現! 
怠慢と倦怠が渦巻く人間関係を、圧倒的なリアリティで描いたこの舞台を経て、2人が語る人間論、そして音楽論とは!? (RO69よりテキスト抜粋)


[発売日] 2010年6月30日
[値段] 650円


[ROCKIN'ON JAPAN]HP
露出情報(雑誌)
[Posted by 銀杏BOYZ スタッフ]
(2010/06/23(Wed) 17:25:11)

映画「ボーイズ・オン・ザ・ラン」DVDが9月22日に発売決定!!
BOTR_sell_case.jpg

峯田和伸主演映画「ボーイズ・オン・ザ・ラン」が、超個性的な特典映像を収録してDVD化決定!
各DVDお取り扱い店にてご予約受付中!


[発売日] 2010年9月22日(水)
[品番] ASBY-4706
[値段] ¥5,040(税込) / ¥4,800(税抜)
*本編+特典映像の2枚組
*コレクター仕様:初回生産分スペシャル・パッケージ
*レンタル(本編のみ)も同時リリース

「ファン垂涎!充実の特典映像(予定)」
・メイキングその1:「峯田・オン・ザ・ラン〜銀杏BOYZ峯田が走り抜けた21日間(仮)」
・メイキングその2:「三浦・オン・ザ・ラン〜トラブルやピリピリや涙や感動・・・撮影の裏側すべて見せます!(仮)」
・峯田和伸×三浦大輔 本音まるだしスペシャル対談 
・主題歌 銀杏BOYZ「ボーイズ・オン・ザ・ラン」PVフルバージョンetc…

日本映画/カラー/114分/16:9 ビスタ/日本語オリジナル
発売元:アミューズソフト/小学館 販売元:アミューズソフト


映画「ボーイズ・オン・ザ・ラン」HP
アミューズソフト」HP
映画「ボーイズ・オン・ザ・ラン」
[Posted by 銀杏BOYZ スタッフ]
(2010/06/21(Mon) 20:06:09)

銀杏BOYZによる初の劇伴全曲集「SEX CITY 〜セックスしたい〜」2010年7月28日発売決定!!
SKOOL-025.jpg
[ジャケット拡大画像(PC)]
[ジャケット画像(携帯)]

タイトル SEX CITY 〜セックスしたい〜
アーティスト 銀杏BOYZと壊れたバイブレーターズ
発売日 2010年7月28日(水)
品番 SKOOL-025
価格 ¥1,995(税込)
レーベル 初恋妄℃学園
仕様/形態 紙スリープ/CD

収録曲
01.ピンクローター
02.テレフォン倶楽部 Eccy remix
03.ピンクのピアノA
04.NORD.6
05.あたたかいギターは夜を冷やす
06.ROOM
07.午後五時の太鼓
08.夜の太鼓
09.夜光船
10.魔er 羅er
11.峯田のピンクローター in渋谷PARCO劇場
12.MOOR
13.密入国(ポルカ曲)
14.事故
15.洞窟
16.ピンクのピアノM -再会-
17.ピンクローター Eccy remix
18.SEX CITY

本作M.2、M.17は舞台未使用曲。Shing02や環ROYなどにトラックを提供している新進気鋭のトラックメーカーEccyによる大胆なアレンジに仕上がったリミックスを収録。





「卑猥」とは「悲哀」である。

2010年初頭、銀杏BOYZのボーカル峯田は、とある要請を受けた。
「舞台の音楽を担当してほしい」。
その舞台とは、メンバーが敬愛する演劇ユニット「ポツドール」主宰であり、今年1月に封切られた峯田主演映画「ボーイズ・オン・ザ・ラン」の監督をつとめた盟友・三浦大輔による新作公演。
満場一致で引き受けた銀杏BOYZは、初の試みとなる劇伴の創作に全力で向かった。

制作にあたって、あるルールを課した。
「峯田が台本を読み全体を把握しつつ、そのイメージにとらわれずに普段の銀杏BOYZの活動ではできないことをやる」。

最初にあがってきたのが主題歌「ピンクローター」。これは、峯田が台本を読んで即座に書き上げたロック・バラードである。この曲をバンドでモノにするところから全ては始まった。
絶妙な言葉遊びにあらわれている卑猥な言葉は、悲哀を想起。抜群のメロディセンスに裏打ちされて、今までで最高の伸びやかなバンドサウンドが呼応。
さらにDr.kyOnによるピアノ演奏でなまなましい体温を得た楽曲は、舞台のイメージにぴったり寄り添ったのだった。

主題歌が録音されて以降、200曲を超える曲がメンバーによって作られ、容赦なく捨てられていった。舞台の空気や効果を第一とする以上、かえられない宿命だった。
1ヶ月間毎日稽古場に赴き、芝居の空気をつかんではメンバーに伝達し全体像を把握していく峯田の行動は、演劇の音楽担当としては異例の行動だった。
メンバーはその芝居をよくするためだけに、そして主題歌から枝分かれしていくように、必死に曲作りを行っていった。パーカッション楽曲、アコースティックギター独奏、シンセ曲、グラインドハードコア組曲、劇場での弾き語り。そして友人たちに助けられて生まれたピアノ曲、オーケストラ室内楽、ポルカ、リミックス。


いまここにあるのは、舞台「裏切りの街」のために書かれたロック組曲である。
どれもが舞台上のさまざまなシーンを彩った。
上演を観た人は、聴きながら思い出してくれれば。
観ていない人は、自由に思い描いてくれれば。
この楽曲たちは、あなたの部屋を、もしくはあなたが想うあのひとの部屋を、包んでくれるはず。そう願いたいです。

(チン中村)


舞台「裏切りの街」作・演出 三浦大輔
裏切りの街 オフィシャルサイト
http://www.parco-play.com/web/play/uragiri/
ニュース全般
[Posted by 銀杏BOYZ スタッフ]
(2010/06/11(Fri) 16:51:17)

井筒和幸監督、映画「ヒーローショー」劇中で銀杏BOYZの楽曲が使用されています
5月29日から全国の劇場で公開スタートされている井筒和幸監督、映画「ヒーローショー」で銀杏BOYZの「夢で逢えたら」が劇中で使われています。

是非劇場でご覧下さい!!


映画「ヒーローショー」HP

ニュース全般
[Posted by 銀杏BOYZ スタッフ]
(2010/06/11(Fri) 16:35:15)

201007のログ 201005のログ

Copyright © 2008 初恋妄℃学園 All Rights Reserved.
[PHPウェブログシステム3 FLEUGELzネットマニア ]